乾燥肌、敏感肌対策は何をすればいい?

敏感肌、乾燥肌、肌荒れに悩んでいる方は少なくないと思います。特に冬の乾燥肌、敏感肌対策は難しいです。

 

まず、化粧水は水分を入れるという役割の他に、次に使うアイテムの通り道を作ってあげるという役割もあります。乳液やクリームは水分の蒸発を防ぐためにフタをする役割です。

 

基本、化粧水は洗顔後(入浴後)すぐに使うのがコツです。顔が乾いてしまってから化粧水をつけると、浸透がかなり悪くなります。少しづつ、何回も重ねてつけて、タップリと使ってください。そのあとに乳液や他のものを使うと良いです。

 

冬は乾燥しやすいので、いつもと同じようにお手入れしていてもお肌が追いつかないことがあります。冬の時期は化粧水をつけたらヒリヒリすることもあります。化粧水自体が合ってないせいもあるかと思いますが、まず一番に気をつけたいのは洗顔法です。

 

すすぎの温度は重要です。一般的にぬるま湯が良いと言われていますが、実はこれだと必要な潤いも取ってしまうので乾燥が進んでしまいます。肌荒れの状態の時は乾燥して、お肌のバリア機能が失われむき出しの状態です。

 

そこでモノを言うのが洗顔時のすすぎの温度です。これがしっかりできていないと、ずっとお肌にダメージを与えていることになるので、湿っている後で何をつけても効果はありません。

 

すすぎは、水とお湯の境目くらいの温かみの無いものにしましょう。余分な汚れは溶け落ち、潤いはキープします。これだけでも大分お肌の状態は変わるので、お肌が湿っているうちに基礎のお手入れをします。

 

化粧水、乳液、クリームの順ですが、敏感状態時の裏技として暫くリハビリ的に先に乳液をつけ、化粧水をつけます。2〜3日でも良いのでお肌を慣らしてから普通にお手入れします。

 

お肌が大丈夫なら普通のクリームにするほうが、洗顔で落ちやすいので、負担もなく良いと思いますが、クレンジングはメイク油汚れを落とすものなので、メイクをしていない時に使っても効果はないばかりで逆にお肌を傷めるのでやめましょう 。

 

冬はしっかり化粧水で水分を入れてあげて、乳液やクリームの通り道を作ってあげて、保湿する努力をしましょうね。

 

知りたいオールインワンゲルのこと

 

ひとつの化粧品で全てのスキンケアを補えるオールインワン化粧品が、主婦をはじめとした女性達の間で非常に人気となっています。オールインワン化粧品は、そのほとんどがゲル状になっているため、オールインワン化粧品イコールオールインワンゲルとして認知されています。

 

オールインワンゲルのメリットは、やはりなんと言っても他にたくさんのスキンケア化粧品を揃える必要がない事です。それでいて、ひとつに保湿成分や美白成分、またアンチエイジング成分まで配合されているため、美容液やクリームを使用しなくても様々な肌トラブルに対応出来るのもオールインワンゲルが支持されている理由です。

 

ただし、オールインワンゲルにもデメリットがあり、ゲルを重ねづけすると肌から消しゴムのカスのようにつけすぎたゲルがカスとなって発生してしまいます。また、肌なじみが悪く、いつまでも肌の奥に浸透しないオールインワンゲルも多く販売されています。

 

しかし、オールインワンゲルも日々進化をしてきており、最近のものは浸透率が格段にアップしており、ベタつかないのに潤う肌を実現する事が出来るようになっています。またオールインワンゲルは、基本的にこれ一つで完結するスキンケア化粧品ではありますが、実は他の化粧品と併用してはいけないという訳ではありません。

 

季節や、肌の悩みに応じて他の化粧品と併用しても問題はないのです。ただし、その場合オールインワンゲルは保湿ジェルと同じ位置付けになりますから、つける順番には注意しなければいけません。

 

人気商品の紹介

オールインワンゲルの人気商品を紹介しているサイトです。お肌のタイプ別におすすめの商品も変わってくるようですね。購入時の参考になると思います。